棒グラフの読み方、使い方について|Excel(エクセル)で学ぶデータ分析ブログ

■棒グラフの使い方

棒の長さでデータの差を視覚的に比較ができるグラフです。
英語では(Bar chart)とも呼ばれています。


■棒グラフを使うメリットとデメリット

●メリット
例えば円グラフでは2つのデータや3つのデータを同時比較することができませんでしたが、棒グラフはそういった多群の比較が容易にできます。また、0点を起点に長さで比較できるため、視覚的な理解も容易です。

●デメリット
3軸や4軸などの小規模な比較にはかえって煩雑な印象を与えるため、必要に応じて円グラフを使用した方が良い場合があります。
また、YESかNOの質問の多群を比較するためには能力を如何なく発揮してくれますが、満足度1、2、3、4、5のようなアンケートの多群比較には棒グラフではなく帯グラフを使用します。
※弊社では単回答=円グラフ、複数回答=棒グラフで統一しています。


■棒グラフの表現方法

●WEBや雑誌などにカラーで
20150714_01

●会議の報告書などモノクロで
20150714_02

●モノクロで違いを見分けたい場合にパターンで
20150714_03